ブーツをはく場合の注意点

ブーツ

周囲への気配りが重要

女性の秋冬のファッションに欠かせないのがロングブーツですが、おしゃれに決めたつもりでも、脱ぎ履きする時にもたついていると、せっかくのおしゃれも台無しになってしまいます。そのため、スマートな脱ぎ方・履き方をマスターすることが女性にとっては大切なマナーです。ロングブーツの問題点の一番は時間がかかることです。スッと足を入れたり出したりすることができないので、玄関口でもたついてしまいます。時間がかかるのは仕方ないので、まずは後ろに人がいないかを確認すること、そして誰かを待たせた場合にはお詫びの言葉を伝えることが重要です。こうした心遣いをするだけでも雰囲気はずいぶんと異なってきます。また、ロングブーツを脱ぎ履きする場合には体のバランスを崩しやすいので注意しなければなりません。そのため、片手がつけるような安定した場所を選ぶようにすることが大切です。手をつくことができれば体のバランスを崩してしまっても転ばずに済みます。さらに、ロングブーツの欠点として脱いだ後に場所をとってしまうことが挙げられます。普通の靴に比べるとかさばってしまいますので、邪魔にならないように注意しなければなりません。目立たないように下座に置いたり、ファスナーを占めて二つ折りにしたりして気を配ることが重要です。ファッション性が高いロングブーツですが、周囲にいる人にとっては邪魔な靴でしかありませんので、常に注意を払うことが重要です。

Copyright© 2018 1つは持っておきたいロングブーツの魅力|シーンを選ばず着用可能 All Rights Reserved.