まめにお手入れしよう

ブーツ

やっておきたいこと

ロングブーツはどうしてもその形状から、内部に湿気がこもりやすくなります。放置しているとカビが生えたり、臭いの原因になったりするため、できるだけ使用したら、ロングブーツは風通しの良い場所で乾燥させたいです。可能であれば毎日履くのではなく、三日に一度の間隔でロングブーツを使うようにすると良いです。それから雨の日は履かないようにするだけでも、ロングブーツの内部に湿気がたまるのを防ぐことができるのです。汚れがつきにくくするためには、表面に専用のクリームを塗っておきましょう。すると、見た目が良くなる上に、汚れを取り除きやすくなりますし、ロングブーツが傷つくのも防げるなど、メリットは多いです。ただし、気をつけておきたいのは、ロングブーツに直接クリームを塗りつけないということです。シミになる可能性があるからで、表面を傷めないためにも、クリームはいったん柔らかな布に取ってから塗り込むようにするのが無難です。ロングブーツの中には、サイドにファスナーが付いているタイプも珍しくありません。小石が挟まった状態でファスナーの開閉をすると破損する恐れがあるため、ブラシで軽くこすってきれいにしてから使うと安心です。ヒールがすり減ってきても、歩けるからと放置する人がいます。ところが処置が遅れると修理費用が高くなってしまう場合があります。そのような事態を避けるためにも、ゴムの部分だけでも良いので、こまめに取り替えるようにしておきましょう。

Copyright© 2018 1つは持っておきたいロングブーツの魅力|シーンを選ばず着用可能 All Rights Reserved.