スタイルをよく見せる

足元

ちょっとしたコツ

ロングブーツは買ってみたものの、どのような時に履いたら良いのかわからない、という人も珍しくありません。そこでロングブーツの上手な活用方法を覚えておくと良いでしょう。まず、足が太いことにコンプレックスを感じているなら、ロングブーツを活用してみたいところです。一般的には、履き口に指が一本入る程度の大きさにするのが良いと言われています。ただし、ふくらはぎが大きめの人の場合は、さらに広がって見えてしまいます。そこでジャストフィットにしておき、さらに黒色のロングブーツなら引き締め効果が期待できます。反対に、普段からモノトーンの服装を着ることが多いなら、赤色などの少し派手めのロングブーツにするのも良い方法です。足元が明るくなるので、大人しく見えるファッションのちょっとしたアクセントになります。単純に寒い日にもロングブーツは重宝します。ひざ下までありますし、中にボアが付いているタイプにしておけばかなり温かいです。そしてファッションにこだわる人の場合、靴下が決まらないといったケースも少なくないです。ロングブーツを使っておくと、外からは見えないため、それほどを気を使う必要がなくなるのです。他にも冬場だと、どうしても着込むので上半身だけが大きくなってしまいがちです。その状態で普通の靴にすると、バランスが良くないと感じることがあります。もしそうなら、ロングブーツを履くことで見た目が良くなる場合も多いです。

Copyright© 2018 1つは持っておきたいロングブーツの魅力|シーンを選ばず着用可能 All Rights Reserved.